【lose traction!?】WinWinWin 第3回 ヒカルの放送

Youtuber情報

WinWinWin Youtuberヒカル登場

先日雨上がり決死隊の宮迫博之さん、オリエンタルラジオの中田敦彦さんがYouTubeの番組を立ち上げその動画が公開され今回は、宮迫さんを闇から救ったヒカルさんが登場

急上昇ランキングに両チャンネルが毎回のり、そして今までのYouTubeとは違う画期的なこの動画には感銘受けております。

そんなYoutuberTV番組!?「Win Win Wiiin」が今後のYouTubeに与える影響、前編、後編を全て見て、メイキングまで見た僕が考えてみました。それについて共有できたらなと思います。

WinWinWinとは

宮迫博之さん、そして中田敦彦さんが始めた新しいYouTube番組「Win Win Wiiin」

ネットニュースでも報じられ、メディアに対する影響がでてきております。

そんなWin Win Wiiinの第4回目のWinner(ゲスト)は闇営業問題で宮迫博之さんを、昨今の流行りの、やらかした人を総バッシング袋叩きから救ったYoutuberのヒカルさんがゲスト!!

Win Win Wiiinではこのように毎回ゲストさんを招き「エクストリームトーク」をするトーク番組となっています。そして3者とも勝つ、そこで「Win Win Wiiin」という番組名になっております。

テレビ業界がオワコン!?

新感覚YouTube

今までYouTubeは個人が行っている物が多かった為動画はテレビ番組とは違うスタイルでした。セットなどは用意していなく、少数のスタッフで動画撮影が行われています。

しかしそんなYouTubeの常識を覆した「Win Win Wiiin」はまるでテレビ番組の様なセットに編集、撮影もテレビを超えたか?とも思うレベルです。

そういえは、最近テレビを真剣に見たのがいつだっだかな・・・

このWin Win Wiiinのクオリティ、そしてプロデュース力はすでにテレビを超えています。見ている側の意見ですが、見ていてテレビを超えたと思わせるほどの企画、これはテレビ業界にも危機が迫っていると見ます。

現代人はテレビを持たずにテレビ番組を視聴しない人も増えていて、YouTubeなどの動画を見ている人が多い。そんなYouTubeという今一番熱いプラットフォームでテレビ同等、もしくはそれ以上のクオリティの番組を放送するという企画力は本当に凄いです。

規制ばかり騒がれるTV業界

実はWin Win Wiiinは事務所関係の問題を超えた、スポンサー問題も超えたすごい番組なのです。

設立当初の現在、メインスポンサーさんはあの「Locondo」さん。宮迫さんをバックアップしていて個人チャンネルなどでも出されていました。今回は、広告で「飲むシリカ」が紹介され、スポンサーに手を上げたみたいです。

なのでテレビ番組以上に自由に番組の進行ができるでしょう。そして編集チームも宮迫さん、中田さんのチームが行っているのでカットする場面も自由。テレビのように時間制限もなくかなり自由度の高い番組になっています。

もう四回目

 1回目のゲストは、ジャニーズを退所した手越祐也
 2回目のゲストは、吉本を退所した(キングコング)の西野亮廣
 3回目のゲストは、吉本に戻られた(極楽とんぼ)山本圭壱
 4回目のゲストは Youtuberヒカル

中田敦彦さんも 吉本を退社されてますよね!!YouTubeというプラットフォームがない昔だと、手越さんもさることながら考えらえないことだと感じました。新しい良き時代ですね。

【宮迫×中田】ヒカル(前編)〜カリスマYouTuber成功の秘密〜【Win Win Wiiin】
【宮迫×中田】ヒカル(後編)〜闇を暴くって面白い〜【Win Win Wiiin】

気になった点

ゲストについて今まで?が多い人が出ており意外性がないのかなと感じました。ただ、動画内でシンガポールに旅立つ中田さんが“ヒカルさんにいつかの司会を頼むため”に、本来は重視すべきゲストの意外性を捨ててでもヒカルさんを第4回ゲストに抜擢したという見方ができます。そう思うと必然のゲストなのかもしれませんが、急上昇ランキングがどうなるか気になるところです。

まとめ感想

私は、あくまで一ファンなので面白く感じ、をすべてみさせて頂きました。

【前編】 カリスマYouTuber成功の秘密
【後編】 闇を暴くって面白い、宮迫×中田】
(ヒカル動画)牛牛打ち上げしたら盛り上がりすぎてWin Win Wiiinより長い収録になった

ヒカルさんYouTuberの生い立ち・今後のビジョンとか語られていたので良かったと感じます。今後のゲストが気になるところです。

最後まで見て頂きありがとうございました。

コメント